サイトトップへ

更新情報

検索する

AKB48・SKE48新番組『週刊AKB』制作発表


  Last Updated: 2009/07/03
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

2009年7月10日よりテレビ東京系6局でネットするAKB48の初の全国ネット冠番組となる新番組『週刊AKB』(毎週金曜17:30~18:00)の制作発表が行われました。(2009年7月2日 都内スタジオ)

この番組はAKB48、SKE48がスーパーアイドルを目指してあらゆることにチャレンジするリアル・ドキュメント・バラエティで、メンバーがロケに繰り出し、そのVTRをスタジオで観戦するスタイルのバラエティ番組です。

アイドル名画像1
後列左より高柳明音、向田茉夏、中西優香、鈴木紫帆里、高田志織、古川愛李
中段左より宮崎美穂、篠田麻里子、小嶋陽菜、宮澤佐江、前田亜美、仲川遥香
前列左より大島優子、高橋みなみ、前田敦子、松井珠理奈、渡辺麻友
両端はスピードワゴンのお二人

制作発表に登場したメンバーはAKB48から大島優子、小嶋陽菜、篠田麻里子、鈴木紫帆里(研究生)、高橋みなみ、仲川遥香、前田敦子、前田亜美(研究生)、宮崎美穂、宮澤佐江、渡辺麻友、SKE48から高田志織、高柳明音(KII)、中西優香、古川愛李(KII)、松井珠理奈、向田茉夏(KII)の17人。

以下会見の様子をお伝えします。

秋元康総合プロデューサー「新しい番組として『週刊AKB』という、これはAKB48の新しい可能性といいますか、今までどうしても番組ですとAKBを“かたまり”としてでしかなかなか見せることができなかったんですが、この番組ではさらに細かく一人一人、そしてそれを成長の場として今まで登場しなかったメンバーも何人も出られるような発表の場にしたいと思っております。

そして、DVDなど、新しいコンテンツ作りの場になったらいいなと思います。なによりAKB48が劇場以外の新しい可能性を見つける場としてこの番組が活用できたらいいなと思います」

テレビ東京番組プロデューサー「秋葉原、栄から電波に乗って全国に強く彼女たちの個性が出ていけたらなと思ってます。ロケもいろいろ多用しておりまして、過酷なロケも多々あります。少し過酷なんですが、彼女たちの個性が出てくれば僕らの番組の成功だと思っております」

セットの様子
スタジオのセットは教室風な作りになっています。

大島優子「見てのとおりセットがとってもかわいくって私たちもすごくウキウキしています。そしてこのセットを作ってくださったスタッフの方、そしてこれから関わるスタッフの方、そしてこの番組を見てくれる視聴者の方に私たちAKB48が愛されるように頑張っていきたいと思います」

高橋みなみ「新番組が始まることをすごくうれしく思っています。番組も午後5時半から6時ということで、新たな方々にも見ていただけるんじゃないかなと思っています。AKB48、SKE48頑張ります。よろしくお願いします」

前田敦子「今回は学校がイメージされていて、みんなすごくキャピキャピしてすごく楽しい収録になったので、ぜひいろんな方に放送を見てほしいなと思います」

松井珠理奈「今回はAKB48さんと私たちSKE48が一緒に番組に出させていただくということで、これからたくさんの方に見ていただきたいので、力を合わせて一生懸命頑張っていきたいと思います」

制作発表の様子

番組の顧問役、スピードワゴンのお2人が登場し、ややぐだぐだなトークで場を盛り上げたのち、質疑応答の時間となりました。

――やってみたいロケなどありましたら教えてください。
高橋みなみ「お店のメニューを見て金額を当てるとか、なんかいろんなものを食べたいです」
前田敦子「特大のメニューがあるところに行って食べきれるかどうかやってみたいです」
大島優子「運動会をやってみたいです」(メンバー大乗り気)

――最近、AKBの活躍が著しいと思うんですが、そういう状況についてと、今後の展望をおうかがいできれば。
秋元康「アーティスト、タレントがブレイクするときというのは、運がドミノ倒しのようにパタパタパタと倒れていく、そういうのを何度か経験しているんですけど、まさにAKBは運がいいなと。もちろん実力とか努力とかいろんなものがありますが、まずやっぱり彼女たちがスターになる条件の一番である“運”がいいということがクリアできたんじゃないかなと思うんですね。

ですからこれからはたぶん、本当の意味で実力とか努力とかそういうものが問われていくと思うんですけども、プロデュースサイドとしては、人数が本当に多いので、いろんな可能性、いろんな道……たとえば歌の道、お芝居の道、バラエティの道、声優の道、いろんな道を用意してその中で彼女たちが向いてる分野に進んでいくと面白いんじゃないかなと思ってますので、今我々のほうでは映画を含めいろんなことを企画してます」

――スピードワゴンのお二人にお聞きしたいんですけども、特に井戸田さんは女性の扱いは手馴れてると思うんですけど。
スピードワゴン井戸田「手馴れてたらこんなことになってませんけど」
――AKBのメンバーの中でタイプの女の子を教えてください。
スピードワゴン井戸田「なるほど。そういう目線ありですか」
秋元康「ガチで言ってください」

スピードワゴンとAKB48

スピードワゴン井戸田「僕ねぇ、高橋さん」
高橋みなみ「やったぁ! なんでですか?」
スピードワゴン小沢「そういわれてみると身長が(離婚した元奥さんと)同じぐらいだ」
スピードワゴン井戸田「やっぱ思い出しちゃうかなぁ……。小沢さんは?」
スピードワゴン小沢「僕は劇場にも見に行かさせていただいてるんですが、僕はずっと宮澤さんが推しメンです」
宮澤佐江「ありがとうございます」
スピードワゴン井戸田「推しメンという言葉知ってます? そんな感じですね」

――AKBといえば『AKBINGO!』とか『ネ申テレビ』とかありますが、MCも重要なところだと思うんですね。それで秋元さん的にはどんな期待をしてバッドボーイズさんを選んだのでしょうか。
スピードワゴン井戸田「バッドボーイズ? 日テレ行ってこい!」
――失礼しました。スピードワゴンさん。
秋元康「一番は小沢君が何回もAKBの劇場に来てくれてファンであるということと」
スピードワゴン小沢「照れる」
秋元康「2人とも本当に面白いので、一人は話題性もあるし、バッドボーイズのAKBINGOとは違う色が出たらいいなと思ってます」
スピードワゴン井戸田「バッドボーイズには絶対負けたくないです!」

Photo

放送は毎週金曜17:30~18:00で、7月10日が初回、ネット局はテレビ東京をキー局としたテレビ大阪(TVO)・テレビ愛知(TVA)・テレビせとうち(TSC)・テレビ北海道(TVh)・TVQ九州放送(TVQ)の全6局です。全国のAKB48、SKE48ファンのみなさまお楽しみに。(撮影・取材 岡田)

cover 『涙サプライズ!』
キングレコード
1,600円(税込)
CD+DVD
2009年6月24日
・AmazonでAKB48をサーチ

●関連記事

AKB48関連コラム

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.