サイトトップへ

更新情報

検索する

宮澤佐江DVD付き写真集『彼女』発売記念インタビュー


  Last Updated: 2009/09/04
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

・AKB48取材記事インデックス

AKB48チームKの“ゲンキング”こと宮澤佐江さんの1st写真集『彼女』が8月20日講談社より発売され、発売を記念してインタビューをしてきました。(2009年8月13日 DECKS TOKYO BAY STUDIO)

宮澤佐江 画像1宮澤佐江写真集『彼女』
宮澤佐江プロフィール 1990年8月13日生まれ、東京都出身 164cm B79 W58 H87

オールカンボジアロケ

――ロケ地がカンボジアだそうですが。
「はい。オールカンボジアです」
――何月ごろに行ってきたんですか?
「6月です。もうだいぶ暑くて35度を超えてましたね」
――どうしてカンボジアで撮影することになったんですか?
「今までカンボジアで撮影した写真集がないというのもあったし、カンボジアの素敵な観光地をみなさんにわかっていただきたいなっていう」
――観光地に行ったんですか?
「基本はそういうところでしか撮影しなかったので、すごくきれいな場所ばっかりで、私もイメージしていたのと全く違っていたので、すごく勉強にもなったし、刺激にもなりました」
――地理や歴史の教科書で出てきたようなところに行ってきたんだよね。
「はい。アンコールワットとか」
――あとはどんなところに?
「カンボジアならではの市場とか、暑いからホテルの中に必ずきれいなプールがあるんですよ。そういうところで撮ったり」
――体調は崩さずにすみましたか?
「全然大丈夫でした。辛いものも大好きだったから」
――観光地だから水着みたいな格好はあんまりできないんですよね。
「そうです。アンコールワットでは特に露出系はだめだったので、撮影現場には常に現地の管理人みたいな人が必ずついてるんですよ」
――アンコールワットではどんな雰囲気で撮るんですか?
「アンコールワット、アンコールトムともうひとつあって、3つとも全然違うんですよ。石の感じの雰囲気が全然違うので、それに合わせて白のワンピースだとか、今流行りの夏っぽいマキシワンピとか、クールに制服っぽい感じのを着てみたりとか、いろんなのを着させていただきました」

宮澤佐江 画像3宮澤佐江 画像4

――『週刊プレイボーイ』に載ってた水着で振り向いた感じのはどこで撮ったの?
「あれは民家です。カンボジアの方が住んでいるお家におじゃましてきました」
――カンボジアの民家ってどんな感じなんですか?
「日本の“家”とは違って、外に木があって雨をよける程度でした」
――現地の人たちとしゃべったりする機会はあったんですか?
「本当に人なつっこくて、子どもとかすごくみんな寄ってきてくれるんですよ。目が合うとすぐに笑ってくれたり。市場で撮影したときには後ろにすごく付いてきたりするぐらいみんなフレンドリーで、わたし的にはフレンドリーな場所が大好きだから、英語はしゃべれなかったけど、アイコンタクトとか気持ちで伝えられたことがあったんじゃないかなって思いました」

宮澤佐江写真集『彼女』より宮澤佐江写真集『彼女』より

水着を着るだけで恥ずかしかった

――出来上がったものは見てないと思うけど、どんな写真がありました?
「もともと秋元(康)さんとマネージャーさんと話し合ったときに、『宮澤は“ザ・水着”って感じではなく、ポップで元気な感じが出たほうがいい』って言われてたので、私自身もセクシーにしようという考えもなく、楽しくいつもどおりやろうって気持ちで行ったんですけど、水着でも全部笑ったものだけでなく、プールサイドで寝転んだり、カメラマンさんから指示を出されるんですけど、水着を着るというだけで恥ずかしいというのがあったので……」
――(笑)。何パターンぐらい着たんですか?
「8パターンぐらい? 結構着ました。『うわぁ~まじかぁ~』と思いつつ、ちょっとずつ頑張って、最終的には自分的にも頑張って色っぽい顔をしたつもりですが、出来上がりの写真を見てみたらまったく色気がなく(苦笑)」
――(笑)。そうなの?
「ちっちゃい子が寝転がって『はいっ』って手を挙げた感じで、思ったより幼く写ってて、まあそれはそれでよかったのかもしれないって自分では思ってるんですけど、とてもじゃないけど19歳には見えないですね(笑)」

宮澤佐江 画像4

――撮ったときの感触として、自分ではどのあたりが見どころになると思いますか?
「使われているかどうかわからないんですけど、写真の確認を親とさせてもらって、ママと一緒に見たときに、『この表情、本当に素だね』って言われたのは、水色で白のドットがついてる水着のが、本当におちゃらけた佐江とか決まった佐江だとかたくさん写ってて、これだけで1冊作っても喜怒哀楽が全部見れるんじゃないかなっていうぐらい慣れてきたときだったので、そういうのを感じていただけたらなって思います」
――DVDが60分も入っているそうなんですが、どんなのが入っているんですか?
「写真撮影しているときに回っているものとか、カメラに向かってしゃべったりしています。実はこの写真集とは全く別にDVDも撮ってきたのでそれもこの先リリースされると思いますので、そちらもチェックしていただきたいなと思います」

――イベントが9月5日ですが、ほかのメンバーもイベントやっていますが、一人でイベントやるってどんな気持ち?
「正直、すごく不安です。個人ではまだまだだと思っていて、本当にAKBに頼りすぎてて、人前に立つにも『AKB48の宮澤佐江です』って言わないと、ただの宮澤佐江だけだと自信がないので、今、緊張してますね」
――人が来なくて不安ということもある?
「すごくあります。みなさんぜひ時間があれば来てください」
――写真集のことで言っておきたいことは?
「ファンの人に写真集のことを聞かれて『水着だけど魅力なかったっす』って半分ふざけて言ったんですよ。そしたら『大丈夫だよ。佐江ちゃんにはそういうことを求めてるんじゃなくて元気な佐江ちゃんが写真集で見れればいいよ』って言われたことがすごくうれしくて、みなさんに1冊を見てもらっただけで、自然と笑ってもらえたり、ドラマを見て感情が伝わるように写真集1冊でもその場その場の気持ちが伝わるようなものになればいいなとすごく思ってます」

19歳の1年間は大人への準備

宮澤佐江 画像5

――ところで(取材当日の)今日は19歳の誕生日おめでとうございます。まだ1日終わってないですけど、どんな1日でしたか?
「昨日ロケがあって、帰りが遅かったので、ロケバスの中でチームKの子が7人ぐらいいて、0時ピッタリに『涙サプライズ!』歌ってくれたり、隣に座っていた秋元才加からもメールが来たり、佳代ちゃんからもメールが来てチーム愛を感じたし、朝、目を覚ましたら『あけましておめでとう』並にめっちゃメールが届いて幸せでした」
――18歳から19歳はそんなに変わらないかもしれないけど、どうです?
「わたし的には、自分を変えようという気持ちはなくて、20歳で新しい大人の世界に踏み出すまでにはちゃんとした大人になればいいなと思っているので、この1年はたくさん学びたいと思っています」
――またドラマに挑戦しないの?
「すっごくしたいです」
――この前インタビューしたときには小林さりちゃんとか佐武宇綺ちゃんの話をしたんだけど。
「『恋空』だったんですよね」
――二人ともミスマガジンになってしまいました(笑)。
「びっくりしました」

人生初のキスシーン

――そのあと『ラブレター』やって評判良かったですよね。私も毎日見てました。
「あのドラマに出させてもらって、自信も少しついたし、ドラマの楽しみがわかってきたところだったので、それから少し間が開いてしまったので、たぶん次やるときには一からになってしまうと思うんですけど、またやれるときに、『ラブレター』などで習得したことや監督さんに言われた言葉を思い出して、ちゃんと出せればいいなと思ってます」
――いつか聞こうと思ってたんですけど、キスシーンがあったじゃないですか。あれはどうだったの?
「本当に、最初どうなるかと思って。今までそういうことが全くなかったので、でも一人の女優さんとしてやることだったので、私は嫌がらず、やるっきゃないっていう気持ちで。緊張したら負けだと思ってたので、緊張せずにできました」
――ちょっとぶつかった感じのキスシーンではありましたけど(笑)。でもね、いいんじゃないかな。
「初々しくて(笑)。自分で見るのは恥ずかしいですけど」

佐江ちゃんと話をしているとホッとしますね。ファンの気持ちがよく分かります。翌日のK公演の生誕にもおじゃまさせていただきましたが、みんなに愛されていることがよくわかるイベントでした。写真集のイベントは9月5日(土)17:00~福家書店新宿サブナード店です。(撮影・取材 岡田)

宮澤佐江 画像8宮澤佐江 画像9

PhotoPhoto
左:DVD『鉄道むすめ』発売記念イベント(2009年2月7日 発明会館ホール)
右:映画『スリーディボーイズ』楽日舞台挨拶(2009年7月17日 シアターTSUTAYA)

Photo
宮澤佐江生誕祭実行委員会のファンの方からいただいた特製Tシャツ。
さえママも劇場に来てTシャツ着てました。

cover 宮澤佐江ファースト写真集『彼女』(DVD付)
講談社
4,200円(税込)
DVD付き写真集
2009年8月20日
cover AKB48総選挙! 水着サプライズ発表
集英社
1,000円(税込)
ムック
2009年8月20日
cover 言い訳Maybe
キングレコード
1,600円(税込)
CD+DVD
2009年8月26日
   

・AmazonでAKB48をサーチ
・Amazonで宮澤佐江をサーチ

●関連記事

AKB48関連コラム

●関連サイト

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.