サイトトップへ

更新情報

検索する

前田敦子1st写真集『はいっ。』発売記念単独インタビュー


  Last Updated: 2009/01/17
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

AKB48の初期メンバーとして多くのメンバーやファンから支持されているチームAの前田敦子さんが2009年1月23日に1st写真集『はいっ。』(光文社)をリリースします。編集部ではその発売を記念し、写真集の内容やAKB48として、前田敦子さん個人として独自な視点でインタビューをしてきました。ごゆっくりごらんください。(2009年1月7日 AKB48劇場)

前田敦子画像1前田敦子画像2
前田敦子プロフィール 1991年7月10日生まれ、千葉県出身、161cm. B76 W60 H83 血液型A型

人生初の海外

――写真集のタイトル『はいっ。』は口癖からついたんでしょうか。
「どうなんでしょう。何ごとにも『はいっ』て返事をしてしまうところがあって。よく考えると『はいっ』は使いますよね。MCのときにも最初に『はい』ってよく言っちゃうんですよ。だから口癖かもしれません」
――写真集はいつごろどこで撮ってきたんですか?
「去年の11月の始めごろにタイのプーケットに行ってきました」
――海外は何回目ですか?
「人生、初です!」
――11月のプーケットはあったかいんですか?
「あったかかったです。向こうは1年中あったかいみたいです」
――どんなところでした?
「リゾート地みたいで、いろんな国の方がたくさん観光に来てましたね」
――プーケットのどんなところで撮ってきたんですか?
「象の動物園に行って象に乗ってきました」
――象ってすっごく大きいでしょ? 怖くない?
「大きいですね。実際初めて上に乗ったときは怖かったです。でも(象を)操る人がいて、その後ろの台の上に乗るので、一応安全なんですけど、たまに象の足元が滑るらしいんですよ。そういうときには危ない目に遭うらしいです」
――気持ちいいのか怖いのかどちらなんですか?
「乗ってる間、ずっと揺れてる感じなんですけど、でも気持ち良かったですね」
――そういうときにもカメラマンの人から写真撮られてたりするんですよね。
「はい」

前田敦子 画像3前田敦子 画像4

“無防備”がテーマなんです

――あとはどんなところに行ったんですか?
「夜の街に行きました。新宿……三丁目ですか? 歌舞伎町?みたいな雰囲気?」
――街の風景をバックに撮ってるんですか?
「たぶんそうだと思います。今回の写真集、“無防備”がテーマなんです」
――どんな“無防備”なあっちゃんが見られるんですか?
「どれが無防備かっていうのは人によって違うと思うんですけど、どれも素に近い私が多いのかなって思います」
――写真の確認をするときにざっと見たと思うけど、どうでした?
「そうですね。なんか、たとえば水着の上にシャツ1枚だったりするんですけど、なんか大胆に見えるんですよ。それが無防備って言うのかな。はだけちゃうのを気にしてないっていうか。裏表紙のもそうなんですけど」
――写真集が出来上がるのはいつごろなんですか?
「結構発売日ギリギリだって聞いてます」
――象の動物園、夜の街以外にはどんなところに行ってきたんですか?
「屋台がいっぱいある市場とか」
――プーケットというからには海やプールみたいなところも行ったんですよね?
「はい行きました。海は3ヵ所ぐらい行きました」
――プーケットの海はきれいなんでしょ?
「すごくきれいなんですけど、生き物がいないんです」
――生き物って貝とかカニとか魚とか?
「カニは砂浜にいっぱいいたんですけど、海の中では魚は見なかったですね。ロン島にも行って、そこはエメラルドグリーンで透けてるんですけど、何もいなかったです。ウニが危ないぐらいで」
――ウニ獲って食べられるの?
「そのウニはそんなにおいしいものじゃなく、食べるものじゃないんですって。向こうの食べものは全体的に大きくって、スズキが定番らしくて、すごい大きいスズキを毎日食べてました。どこに行ってもスズキなんですよ」

前田敦子 画像5前田敦子 画像6

水着がほとんどです

――着ている衣装はどんなのがあるんですか?
「水着がほとんどです。あとは南国風なキャミソールにデニムのスカートのようなラフな感じのも着ました」
――水着は何種類ぐらい着たんですか?
「たぶん10着ぐらいは着ました」
――『週刊プレイボーイ』にちょっと載ってましたよね。
「はい。あれは写真集では使われないカットだそうです」
――浮き輪に乗って足を挙げてたのがあったね。
「実は泳げないんですよ。だからずっと浮き輪に乗ってました(笑)。顔を上げて泳げないんですよ」
――顔をつけてないとだめってことね。
「はい。沈んでいっちゃうんですよ」

キメ顔じゃないけど、カメラは見てます

――おすすめな写真はどのあたりになりそうなんでしょうか。
「どこだろう。いいなって思ったのは、シャワーを浴びてるところで、ホテルの一室のシャワーでカメラマンさんと二人っきりで撮ったんですけど、それが私はお気に入りです。カメラマンの方が女性の方だったので、そういうのもやりやすかったです」
――あんまりカメラを意識しないとなると、目線がない写真ばっかり?
「そんなことはないと思いますよ。ただ、あんまりキメ顔はなくって、『(キメ顔じゃなくて)ふつうにカメラを見て』って言われました」
――自分で自分の顔を写真で見るとどんな感じですか?
「どうですかね。『これが私なんだ』って感じ?(笑)」
――まだ出来上がってないけど、写真集が出るっていう実感はちょっとあるのかな。
「実感はありました。(写真集を撮りに)行くって言われてから『やったぁ!』って思いましたね。海外って聞いてすごいテンション上がりました」
――AKBのほかのメンバーの写真集は見せてもらったりする?
「はい、発売したときにみんな持ってきてくれるんで」
――今まで何人か出してるけど、印象に残ってる写真集はありました?
「素敵だなって思ったのは(篠田)麻里子の写真集かなって思いました。ファッション的な感じでかっこいいなって思いました。それは私には似合わないけど、麻里子だからああいうのができるんだなって」
――もし2nd写真集を出すとしたらどんなことを今度はやってみたいですか?
「なんですかねぇ……。あんまりこういうのやってみたいっていうのは自分からは……。たとえば逆に今度は寒い国で防寒具着たりとか?」
――たぶん寒いところでも薄着とか襦袢とか白い水着とかですよ(笑)。
「つらいって言いますよね(笑)」

“無防備”って動物的!?

前田敦子 画像7

――無防備な写真ってどういう表情が多いんですか?
「ぼうっとしているというよりは動物的な感じというか」
――動物的ってどういう意味?(笑)
「計算まではしていないってことでしょうか(笑)。確かに私はそこにいるだけなんですよ。カメラマンさんがいろんな私を切り取ってくれました」
――水着の撮影もそんなに恥ずかしくなかった?
「そうですね。セクシーショットを撮るわけでもなかったので(笑)、恥ずかしさはなかったです」
――そんなセクシーショットってあんまり撮ることないんじゃない?
「やったことないです」
――大堀恵ちゃんぐらいじゃない?
「最近はノゾフィスとかゆかりんとかやってるじゃないですか」
――そう言われてみればそうなのかな。では発売記念イベントを楽しみにしています。
「1月25日(日)ですので来てください」

後輩が増えました

――AKB48としては12月8日で3年経ちましたけど、3年経った実感はどういうときに感じますか?
「いちばんは後輩が増えたことが、3年経ったからこそなんだなって最近すごく感じます」
――新しくメンバーになった人のことはなかなか覚えられないんじゃない?
「さすがに最近入ったばかりの7期生の人たちは1回ぐらいしかあいさつをしていないので、覚え中です」
――劇場で一緒の公演をする子は覚えられるんだよね?
「はい、もちろん。実は私、人の名前と顔を覚えるのがあまり得意じゃないんです」
――はい(笑)。たぶんそういう気がしてます(笑)。
「(笑)なんですけど、一緒にやってる子はみんなわかるんで」

――12月20日のJCBホールのシャッフルで『おしべとめしべと夜の蝶々』をやったけど、どうでした?
「楽しんでやれました。お客さんがすごく盛り上がってくれたんですよ。(小嶋)陽菜と一緒にやったんですけど、陽菜は緊張しいなんですよ」
――こじはるちゃん、緊張してたの?
「リハーサルのときから2人ともガチガチになっちゃって。でも本番は笑いながらできました」
――評判良かったでしょ?
「そうですね。『面白かったよ』って言われました」

前田敦子 画像8前田敦子 画像9

しょっぱいものが好き

――2009年になって、前田敦子個人として「こんなことをやってみたい」といった目標は?
「ずっと言ってるんですけど、CMに出てみたいです」
――何のCMがいいの?
「やっぱり、お菓子とかそういうのが」
――好きなお菓子はなんですか?
「チョコレートは定番です」
――ニキビとかできるからあんまり食べたらだめって言われるでしょ?
「はい、一応気をつけたりはします」
――お菓子と関係なく好きな食べものといったら?
「しょっぱいものが好きです」
――梅干し?
「梅干しとか、昆布とか、大好きです」
――そしたらふつうにしてたらあんまり太ったりしないね。
「そうですね。ニキビになりそうなものは特に気をつけてます」
――それは良かったね。ご飯のおかずに出てうれしいしょっぱいものは何ですか?
「塩辛とか明太子とか(笑)」
――大人ですね(笑)。
「そういうの大好きです」

――AKB48としての2009年の目標は?
「夢は大きくてもいいですか? 音楽番組に出て当たり前の顔になりたいですね」
――『10年桜』の音は聞いたんですか?
「レコーディングもほぼ終わりました」
――いい曲になりましたか?
「『大声ダイヤモンド』に似てる感じの曲なんですよ。アップテンポで」
――昔の『桜の花びらたち』とはだいぶ違うんだ。
「違いますね。雰囲気も違います」

母の知り合いにすすめられてAKB48のオーディションに

前田敦子 画像10

――AKB48のメンバーとして3年間やってきて良かったと思えることはどんなこと?
「今の私はAKBがないといないので、以前はすごく人見知りだったし、何もしゃべれなかったし、見た目も暗かったし、すべてが変わりました」
――AKBのオーディションを受ける前には何もオーディション受けてなかったの?
「ひとつも受けたことがなかったです。きっかけって大事ですよね」
――それは雑誌に載ってたからやってみようと思ったの?
「おすすめされたんですよ」
――誰に?
「お母さんの知り合いの人が、『やってみなよ』って。それがお母さんと一緒にいたときだったので、お母さんに言う手間がなく、オーディションを受けられました」
――芸能のお仕事に興味はあったの?
「ありました」
――オーディションを受ける3年ぐらい前に好きだった芸能人は誰だったの?
「柴咲コウさんがあこがれでした」
――今は?
「結構私、ミーハーなんで、そのときによって変わっちゃうんですけど、柴咲コウさんは今もあこがれです」
――忙しいからテレビもあまり見れないかもしれないけど、最近いいなぁって思う人は?
「一緒にお仕事をしたことがある南沢奈央ちゃんが、すごいなぁと思います」
――宮澤佐江ちゃんが今、昼ドラやってて毎日見てるけど、あれがいいんだよね。
「本当ですか? 見れないんですよね~。ちょうど見たときには佐江がまだ出てなかったです。佐江も恋愛をするんですよね」
――また女優のお仕事もやってください。多くの人が期待しているので。
「はいっ」

振りを思い出すのが大変

――では次の質問です。AKB48を3年やってて「あのときはつらかった」って思ったときはどんなとき?
「つらいってわけではないんですが、コンサートのリハーサルなどで私の曲の振りを思い出さなきゃいけないのは必死ですね(笑)」
――そういうときには誰か教えてくれるの?
「だいたい、たかみな(高橋みなみ)がDVDを見て、思い出して教えてくれます。AXのコンサートがあるから今、焦ってます」

同じ年のファンの方が増えました

――AKB48のメンバーの中で、気がついたらよくしゃべったり一緒にいたりする、仲のいいメンバーは誰でしょう。
「誰だろう。だいたい(篠田)麻里子とか、とも(板野友美)とか、峯岸(みなみ)とか、なにげなくしゃべれるメンバーですね。あと一緒に洋服を買いに行ったりしますね」
――次の質問です。あっちゃんのファンの人はどんなタイプの人が多いですか?
「最近は、本当に同じ年のファンの方が増えました」
――男も女も?
「男の子が特に増えました。『17歳です、おない年です』って男の子が本当に増えました。ちょっとびっくりするぐらい」
――それは初めて聞きました。ということはだんだん人気が出てきたってことだよね。アイドルファンは最初はおじさんばっかりのはずだから(笑)。
「でも3年前から応援してくださる方は今でも来てくれますね」
――たとえば篠田麻里子ちゃんのファンとあっちゃんのファンの違いっていったらどんなところ?
「私は、お父さん目線の方が多いです。すっごい親切な方がいて、すごくうれしいです」

前田敦子 画像11前田敦子 画像12

「笑ってないとやる気がないように見られる」

――チームAの5thステージが始まって、12月16日にたかみなちゃんはじめノースリーブスが戻ってきた日に見させてもらったんですけど、そのときのMCですごく印象に残ってたことがあるのね。「私は笑ってないとやる気がないように見られるって秋元(康)さんに言われた」って言ってて、それを聞いたときに「あっ、なるほど」ってすごく思ったわけ。
「(笑)」
――それは自分でも自覚があるんですか?
「全然ありますよ。最初そう言われたときどうしようって思ったんですよ。曲によって笑わない曲があるけど、どうすればいいんだろうって。でも言われている意味はすごくわかりました」
――私もずっとあっちゃんのステージを見てて、やる気があるのかないのかわからないときがあったわけ。でもちゃんとやっているから、やる気がないわけではないということは気づいてるの。だから、秋元さんの説明にすごく納得しちゃったんです。
「私、伝え方が下手なんですよね」
――たかみなちゃんは必死すぎて怖いときがあるけど(笑)、その中間ぐらいがいいんじゃない?
「そうですね。いろいろ研究してみます」
――秋元さんに指摘されてからちょっと気をつけてたりする?
「してますね。MCで言ってからはずっと気にしています」
――今、劇場でやっているステージ『恋愛禁止条例』で見てほしいところを最後にひとこと残していただけますか。
「ユニットの曲が初めて笑わない曲なので、そこだけ違う自分になっていればいいかなと思ってるので、そこは笑ってなくても、やる気がないわけではないです(笑)。そういう曲だと解釈してやっているので、そこを見てください」

写真集は先日報道されたとおり予約が結構入っていることを聞きました。写真集の発売記念イベントは1月25日(日)12:00~福家書店銀座店で行われます。これからも前田敦子さんの応援、引きつづきよろしくお願いします。(撮影・取材 岡田)

cover AKB48 前田敦子ファースト写真集 はいっ。
光文社
2,980円(税込)
2009年1月23日
cover 栞と紙魚子の怪奇事件簿 [DVD]
バップ
12,437円(税込)
DVD
2008年6月25日

・Amazonで前田敦子をサーチ
・AmazonでAKB48をサーチ

●関連記事

AKB48関連コラム

●関連サイト

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.