サイトトップへ

更新情報

検索する

小野恵令奈写真集『えれぴょん』DVD『卒業~AKB48・小野恵令奈4年半の真実~』発売記念イベント


  Last Updated: 2010/12/30
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

AKB48のチームKメンバーとして駆け抜けていった4年半の軌跡を残した写真集『えれぴょん』(ワニブックス)の発売記念イベントが行われました。(2010年11月3日 書泉ブックマート)

アイドル名画像1アイドル名画像2
小野恵令奈 1993年11月26日生まれ、東京都出身、154cm B78 W59 H84 血液型A型

――11月3日にソロ写真集、DVD、映画「さんかく」DVDを同時発売されたということで、まずはそれぞれの見どころを聞かせてください。
「今回の写真集はこれで3作目になるんですけども、今までの総集編と言いますか、今までAKB48としてデビューしてきてから今に至るまでの成長過程を1冊の本に収めた写真集になっています。自分でも何が変わったんだろうと見てても面白かったし、昔からAKB48を応援してくださってる方も楽しめる作品になっていますので、いろんな方にこの写真集を見てほしいなと思います。

DVDは、アイドルの方のDVDだと珍しいんじゃないかという、ロングインタビューをはさんで、私のお母さんと私のやりとりを想像させるようなイメージと、卒業したときの公演の映像が収められているんですけど、私もサインを写真集にするときに、休憩中に見させていただいて、すごい感動する内容だったし、私のお母さんはまだ見ていないんですけど、イメージ映像を撮るにあたって台本を見せたらお母さんは泣いていたので、それぐらい感動する内容になっているので、ぜひ見ていただいて、ロングインタビューでは今まで語れなかったこととかをなるべく頑張って答えるようにしたので、今までこういう気持ちだったんだ、とか、こういう姿勢でAKBの仕事をしていたんだとか、恵令奈の見れなかった一面も見られると思うので、ぜひ注目して見ていただきたいなと覆います。

早いもので『さんかく』の撮影をしたのは去年の今ごろだったわけなんですけど、私はこの『さんかく』の映画をきっかけに女優として本格的にスタートしてみようという気持ちになったので、本当に女優として自分として大きな第一歩になる作品だと思っています。ストーリーもキャストも監督さんも満足というか、大好きな作品なので、たくさんいろんな方に見ていただいて、私の演技にも注目していただいて、好きになっていただけたらと思います」

小野恵令奈 画像3小野恵令奈 画像4

――今日がひとつの活動の区切りということでファンの皆さまにメッセージをお願いします。
「自分の芸能活動も今日でいったん区切りをつけさせていただきます。長い間、やってきて、自分は英語の勉強など学問のほうを進めるために一時休業いたしますが、必ずみなさんの前に戻って仕事をすることを誓いますので、みなさん、そのときまで温かく見守っていただけたらと思いますので、それまで小野恵令奈をよろしくお願いいたします」

――写真集をご覧になってできばえはいかがですか。
「恥ずかしいというか、こしょばいというか、ちょいちょい昔の写真とかグラビアがはさんできているんですけど、やっぱり見てて成長したなというのが目に見えてわかりますし、自分の成長アルバムを見ている気分になりまして、これを見て自分が卒業することを実感したというか、毎日楽しそうな私の笑顔が詰まっているので大満足です」
――そんな中でお気に入りの写真といいますと。
「私、おでこ全開にすることに抵抗があるというか、おでこを上げると卵みたいになっちゃうって、メンバーからよくいじられていたので、上げないようにしてたんですね。お風呂入るときに前髪隠してたりしてたんですけど、今回この写真集で全部上げているんですよ。それが意外にもしっくりしそうな、全然嫌じゃない感じがして、しかもすっぴんなので、そのまんまの小野恵令奈という感じなので結構お気に入りかなと」
――かわいいんじゃないかと思いますか?
「自分でかわいいというのは恥ずかしいですよね」

小野恵令奈 画像5小野恵令奈 画像6

――この4年間でどんな風に成長したなと思いますか?
「デビューからしばらくはAKBのヘイポー(※たぶんダウンタウンのガキ使のディレクターのこと)だと言われてたぐらいチキンで泣き虫だし、一人じゃ何もできないような子だったんですけど、少し自分でも成長できた部分があるんじゃないかなって感じますし、今月で17歳になるんですけど、やっぱりデビューからもう5年近く経つんですけど、身長も148cmから今は154.5で、“.5”(てんご)は大事ですよね」
――卒業を発表されてみなさんびっっくりされたと思うんですが、発表してその後は?
「私のブログも11月4日で閉鎖してしまうんですけど、ここまできてもまだ実感が沸かないよって言っていただいてて、まあ、でもメンバーとも連絡とってますし、AKBも応援していきたいと思ってますし、AKBとともに成長していけたらなと思います」
――メンバーの誰といちばん連絡とってますか?
「そうですねぇ。(日本に)帰ってきていちばん最初にメールくれたのは峯岸みなみちゃんでしたね」
――AKB48に未練はないんですか?
「未練というか、今回、『Beginner』がすごく売れたじゃないですか。すごく自分のようにうれしくて、私もですね、恥ずかしながら『Beginner』のPVを携帯で見てるんですけど、あっちゃんのシーンがたまりませんね」
――じゃあ踊れるんですね?
「踊れるんですよ! やっぱり5年間ですね、やってきたせいで。本当に応援してるんで」

小野恵令奈

――『さんかく』をきっかけに女優になりたいと決意したそうですが。なぜ留学してまでという疑問もあるのですが。
「そうですね、でも、自分、もともと外国が好きで、英語って演技をしていくうえで大切だと思うんですよ。なんで海外かということなんですけど、やっぱり現地に行って現地の人たちに触れて勉強するのが一番だと思うんで、私、馬鹿なんで、そっちのがいいと思いまして」
――どんな女優さんになりたいですか?
「そうですね、ジョニー・デップですね」
――(笑)、ジョニー・デップになりたい?
「そうですね、ジョニー・デップになりたいです」
――ジョニー・デップになって何をしたいですか?
「演技をしたいですね(笑)。夢はジョニー・デップさんと一緒の映画に出ることですけど、一緒に出たいと言われるぐらいビッグな女優さんに……あ、ハードル上げちゃった。頑張ります」
――(笑)。将来的には日本のみならず、外国でも演技をしたいということですか?
「はい、この私、小野恵令奈が海外に受け入れられるか、ということですけど、まあ頑張りたいと思います」
――女優を目指すことについてAKBのメンバーたちは何か言っていましたか?
「みんな『さんかく』を見てくださってて、すごいいいって言ってもらえてすごくうれしいし、恵令奈の演技をしているのをもっとみたいって言ってもらえるのが一番うれしいんですよね。恵令奈が戻ってきてドラマか映画に出るのを私は待ってるよって言ってくれるメンバーも多いから、やっぱり期待を裏切りたくないって思います」
――小野さんから見てAKB48の存在はどういうものでしたか?
「やっぱり家族ですね。離れていても近くにいるっていうか、相談してくれる仲間もいるし、かけがえのない家族だと思います」
――ファンの方もしばらく会えないので、メッセージを残してくれますでしょうか。
「寂しくなるかもしれないんですけども、これはずっとさよならということじゃないので、本当に戻ってくるので、そのときまで『恵令奈頑張ってるかな』と思って応援していただだければと思うので、見捨てないでください」

――今日の衣装についてコメントを。
「赤が好きで、最近赤の洋服を着ることが多いんですけど、赤のワンピース、と、ネクタイで、ロンドンを意識して。私、今日、占いが最低だったんですよ。で、ラッキーアイテムが星の小物って書いてあって、急遽、星をつけたんですけど」
――『さんかく』は恵令奈さんの女優人生の中でどういう位置だったんですか?
「やっぱり桃は自分にとって似てるかと言ったら、真逆というか、私あそこまで大胆なキャラでもないし、でも、演技のしがいがあったというか、すごく自分自身やってて楽しかったし、勉強になった部分がたくさんあったので、この作品はこれから先、自分が映画やドラマに出ていったときに、あの作品があったからだと思うような大切な作品です」
――不安はありますか?
「私の頭が勉強についていけるかな、というのはありますが、そのほかはやる気に満ちているので大丈夫です」
――ファンの方はおおよそどのぐらい待ってればいいんでしょうか。
「期間ですか? 1万年。嘘です。いつか戻ってきます」

いつか戻ってくるということなので、記事を残して待っていたいと思います。未公開分のフォトレポートを最後にお楽しみください。(撮影・取材 岡田)


小野恵令奈
映画『さんかく』完成披露試写会(左より田畑智子、高岡蒼甫、小野恵令奈、吉田恵輔監督)より
2010年6月20日 渋谷シアターTSUTAYA1

Photo( 小野恵令奈)


小野恵令奈小野恵令奈
DVD『キラキラONO ERENA TV』発売記念イベント
2009年6月20日 ソフマップ アミューズメント館

小野恵令奈小野恵令奈

えれぴょんのことを語り出すと止まらなそうなので、各自下記リンク先記事を見ながら思い出してみてください。

cover 小野恵令奈写真集 『えれぴょん』
ワニブックス
1,680円(税込)
写真集
2010年11月3日
cover 卒業 ~AKB48・小野恵令奈 4年半の真実~[DVD]
ワニブックス
3,990円(税込)
DVD
2010年11月3日
cover
ワーナー・ホーム・ビデオ
4,980円(税込)
DVD
2010年11月3日
cover
バンダイナムコゲームズ
7,329円(税込)
DVD
2010年12月23日

・Amazonで小野恵令奈をサーチ

●関連記事

AKB48関連コラム

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.